進路について

このページでは、興学社高等学院における卒業後の進路や、発達障害生徒の進路について紹介しています。

卒業後の進路

興学社高等学院の過去3年間の卒業率は、なんと100%!非常に高い成果を上げています。進路に関しても、大学進学をはじめ短期大学・専門学校進学・就職など多岐にわたっています。

進学(大学・短大・専門)

興学社高等学院の卒業生は、早稲田大学や明治大学といった名門校をはじめ、様々な大学・短大・専門学校に進学しています。また、数多くの大学・短期大学・専門学校から指定校を受けており、指定校推薦での進学も可能です。

国語・数学・英語といった高等学校の必修科目はもちろん用意されています。注目すべきは、それ以外の授業。心理学や写真などほかの学校ではなかなか扱っていない特殊な授業がたくさんある興学社高等学院では、いち早く興味のある分野が学べるため、その後の進路についてもスムーズに希望が決まりやすいです。

専門学校に進学する人は、以下のようなジャンルを選択しています。

専門学校への進学は、興味のある内容を集中的に勉強できるため、年々人気が高まっています。興学社高等学院は専門学校も指定校推薦が可能なので、「なりたいものになりやすい学校」と言えるでしょう。

就職

興学社高等学院は就職にも強く、毎年多くの卒業生が各企業への就職を果たしています。また、2か月に1回体験型職業ガイダンスを開催しており、様々な専門学校・大学・職業の方を招いて講義や体験ができるのです。

ガイダンスの分野は多岐にわたり、例として以下のようなものが挙げられます。

時にはプロの声優さんが講義をしてくれたり、可愛いワンちゃんが学校に来たりすることもあるようです。将来の夢探しや進学先の選択の参考に非常に役立つガイダンスとなっています。

発達障害生徒の進路

発達障害を抱える子供たちについては、ついつい「特性があるから進学は無理だ」と考えられがちですが、福祉的就労を含めた様々な就労環境が日本には数多くあります。最近では、各企業も障害者法定雇用率を遵守するための取り組みを実践し始めているのです。そのため、特性があるからといって進学できないというわけでは決してありません。

また、興学社高等学院には療育手帳の有無を問わず、苦手さや困難さを抱えている生徒が多く在籍し、それぞれが自分らしい学生生活を送りつつ、社会での生き方を探しています。大学、専門学校、就職(一般)、就職(障害者枠)、就労移行支援、就労継続支援A型・B型など、数多の選択肢の中から自己実現を図ることができる進路先を選び、自らの意志で道を進んでいます。

個人の特性や夢、目標や親御さんの願いを十分に考慮し、より理想的な進路へ導いてくれること間違いありません。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから