学費について

興学社高等学院の学費を各学科ごとに詳しくまとめ、その内訳についても解説しています。

興学社高等学院の詳しい学費

入学金や授業料など、興学社高等学院の学費は以下の通りです。

総合進学科

  入学金 授業料 施設・教材費 学籍費用 年度合計
初年度 100,000 540,000 100,000 210,000 950,000
2年次 540,000 100,000 210,000 850,000
3年次 540,000 100,000 210,000 850,000

特進科

  入学金 授業料 施設・教材費 学籍費用 年度合計
初年度 100,000 770,000 100,000 210,000 1,180,000
2年次 770,000 100,000 210,000 1,080,000
3年次 770,000 100,000 210,000 1,080,000

リベラルアーツ科

  入学金 授業料 施設・教材費 学籍費用 年度合計
初年度 100,000 770,000 120,000 210,000 1,200,000
2年次 770,000 120,000 210,000 1,100,000
3年次 770,000 120,000 210,000 1,100,000

入学金は入学時のみ、制服・ジャージ等の一式の料金に別途50,000~70,000円が必要となります。年度毎に必要となる学籍費用とは、星槎国際高等学校の学籍を取得するための費用。興学社高等学院は通信制高校である星槎国際高等学校の技能連携校であるため、こちらの学費も必要となります。

「それでは、普通に通信制高校で高卒資格を取った方がいいのでは?」と思われがちですが、技能連携校は職能と同時に高卒資格を取れるのがメリット。

しかも通信制高校では独力で課題をこなさなければならないため挫折する人も少なくありませんが、技能連携校はサポート体制が厚いため高確率で高卒資格を取得できます(興学社高等学院の卒業率は100%)。

大学進学を目指す特進科の授業料には、東進衛星予備校での4ユニット分の授業料が含まれているのが特徴。推奨講座であれば回数・期間に縛られることなく受講ができますし、模試の料金も含まれています。

ただし、オプションで別の講座を選択する場合は、別途講座費用がかかります。高校と別に東進の予備校へ通うよりも割安ですし、東進が提供しているサービス(進路相談・受験相談など)もすべて受けることができます。

家計に優しい国の教育ローン

適用される条件が厳しいため、奨学金制度を利用している生徒はほとんどなし。ただし、国の教育ローンについては50%強の生徒が利用しています。

入学金・学籍費用は一括納入となりますが、授業料・施設教材費に関しては分納が認められることもあり、国の教育ローンであれば月6,000円からの返済となります。途中で返済額を増額するステップ返済も可能であるため、家計に負担がありません。

また、公立高校授業料無償化に伴う私立高校就学支援金より、年度末に約118,800円(25単位の場合)が国より支給されるのも特徴となっています(世帯年収により最大2倍まで支給)。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから