HOME » 興学社高等学院まるわかりガイド » 技能連携校とは

技能連携校とは

興学社高等学院は、正確には通信制高校ではなく「技能連携校」と呼ばれる学校です。ここでは、技能連携校と呼ばれるについて説明します。

技能連携校って何?

技能連携校とは、高等専修学校と広域通信制高等学校の2つの学校に通う「技能連携制度」を導入している学校です。都道府県に承認されれば、民間企業でも開校することができるという特徴があるため、国内トップの企業が開校している場合もあります。

興学社高等学院に通う場合は、広域通信制高等学校である「星槎国際高等学校」にも通う必要があります。

技能連携校のメリット・デメリット

メリット

技能連携校のメリットは、専門的な知識や技術を学びながら、同時に通信制高校の高等教育も受けられることです。通常の高校では学べない特殊な授業や体験学習を受けられて、さらに卒業後は高校と同じ学歴が得られるため、一般の高校よりもこの技能連携校を選ぶ人も多くいます。

特に興学社高等学院では、自分の好きな教科を選べる「自由選択教科」や、人とのコミュニケーションが苦手な人でも、社会で役立つ対人スキルを身につけられるSST(ソーシャルスキルトレーニング)。今までの学校生活で周囲とのズレを感じていた人のために、応用行動分析によって個人の感覚と社会での慣わしとのズレを埋める「リベラルアーツ科」など、他では学べない特殊な科目を学習することができるのです。

デメリット

技能連携校のデメリットでは以下の3つが挙げられます。

【学費の負担が大きい】

2つの学校での学習を並行して行わなければならず、その分費用の負担が大きくなってしまいます。

【週5日通わなければならない】

通信制高校などであれば、年に1回のスクーリング以外は学校へ行かずに済みますが、技能連携校は通常の学校と同じく、週に5回は必ず学校に出席しなければなりません。

【スクーリングに参加しなければならない】

技能連携校では、スクーリング(決められた日数の間通信制高校で学ぶこと)に参加する必要があります。通信制高校が遠い地域にある場合、泊まり込みで参加することになるため、強いストレスを感じる人もいるでしょう。

デメリットに対する興学社高等学院の対策

【学費の負担】

「私立高校就学支援金制度」の対象校なので、25単位の場合は年度末に約118,800円が支給されます。また、地方自治体の行う奨学金制度の利用もできます。

【週5日の登校】

単位取得のため登校日数を減らすことはできませんが、誰でも無理なく通えるようさまざまな取り組みを行っています。

【スクーリングへの参加】

興学社高等学院では、遠方にある高校へスクーリングを行うことはありません。新松戸でスクーリングを受けることができるので、北海道にある星槎国際高等学校まで行く必要はないのです。

スクーリング自体も年に1回のペースなので、参加による負担も少ないのです。

高等専修学校なら、通信制高校と技能連携しなくても3年で高校卒業資格が得られのでは?

技能連携校を調べた経験がある人は、3年制の技能連携校についてこういった疑問を持つことがあるでしょう。授業料の高い技術連携校へ通わずとも、同じく高校卒業と同じ資格が得られる高等専修学校を選べばよいのでは、と考える人も多いはずです。

しかし、技術連携をしていない高等専修学校卒業と、技術連携校とでは最終学歴に違いが生じます。

卒業後の最終学歴

高等専修学校の場合、単位をしっかり取得できていれば、高等学校卒業者と同じく大学受験の資格が得られます。

しかし、同等の資格が得られたからといって、高等専修学校卒業が高卒とイコールになるわけではありません。

企業によっては、最終学歴を中卒と同じように扱うケースも少なくありません。

そのため、将来就職を希望することになった場合のために、高校卒業と同じ資格が得られる「技術連携校」が多くの人に注目されるようになったのです。

ちなみに、企業の求人情報の学歴欄に「高専卒」と書かれている場合、高等専修学校卒業のことではなく、「高等専門学校」を卒業している人のことを指しています。高等専門学校は「1条校」とも呼ばれる全く異なる区分の学校なので、混同しないよう注意しましょう。

サポート校の特徴

サポート校とは、正しくは「通信制サポート校」のことです。

この通信制サポート校とは、通信制の高校に通う生徒や、学校へ行かずに高等学校の卒業認定試験を受ける人をサポートする目的の学校です。

通信制高校は学校へ行かずに高等教育が受けられる教育機関なのに対し、サポート校はその学習をサポートする「学習塾」のような役割だといえます。

技能連携校と違うポイント

サポート校の特徴は、技能連携校のようにさまざまな学習コースを選ぶことができることです。一見して技能連携校と同じ学校のように思われますが、実際には異なる点が多くあるのです。

技能連携校との最大の違いは、ズバリ高校卒業資格を得られないことでしょう。「サポート校の特徴」でも述べたように、サポート校は塾などと同じく学習面のサポートを行う施設なので、学校教育法によって高等学校とは認められていません。そのため、卒業しても高校卒業の資格を得ることができないのです。

技能連携校は、学校教育法に認められた通信制高校と連携しているため、3年間通うことで高校卒業資格を取得することができます。

専門的な知識を学びたい生徒は技能連携校へ!

技能連携校は、職業または生活に必要な専門能力を身につけられる学校施設です。商業・工業・情報・福祉といった専門分野での学習を受けられるほか、普通の学校では教えない、社会で活躍するための対人スキルなどを深く学ぶこともできるのです。

また、技能連携校は、学校の運営に大手企業が携わっているといることがあります。企業が関わっている学校であれば、教科書では学べない専門的な技術が身につくでしょう。卒業後も、関連企業に就職しやすいという点もメリットです。

技能連携校でも大学進学は可能?

技能連携校の利点は就職がしやすいことだけでなく、進学することも可能だということも挙げられます。卒業後は高校卒業資格が得られるので、一般の高校同様に大学受験資格が得られます。

特に興学社高等学院では、大学進学を目指して高度な授業を受けられる「特進科」も選べます。特進科では生徒の実力に合わせた学習課題を設定しており、中学の基礎から段階的に学習を進めることができます。

1~3限目は興学社高等学院で勉強を行いますが、午後からはあの林修先生で有名になった「東進衛生予備校」での授業となります。過去にはGMARCHレベルの大学に合格した人もいるほど、ハイレベルな学習が受けられるのが魅力です。

ちなみに、東進衛生予備校の授業は映像授業なので、興学社高等学院の校舎で引き続き勉強ができます。

大学進学を希望するなら、実績のある技能連携校を選ぼう

技能連携校の多くは、卒業後は就職することを目標にしているため、大学進学が難しい学校も少なくありません。普通の高校より積極的に大学受験対策を行う学校に通いたい人は、大学進学の実績がある技能連携校がおすすめです。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから