HOME » 通信制高校には全日制高校とは違った特徴が存在しています » いろいろな通信制高校の情報を調査

いろいろな通信制高校の情報を調査

自分に適した学校を探そう

通信制高校の選び方

まずは通信制高校の情報をリサーチ

全国にはさまざまな通信制高校が存在しており、それぞれの学校には違った特徴が存在します。そのため通信制高校へと入学を検討する際は、情報収集を行い自分に適した学校を検索しなければなりません。最近は自宅学習をメインに行っている学校や、スポーツや芸能科目も取り扱っている学校などが次々登場してきています。
いろいろな学校の情報を比較してみれば、自分が通学しやすい学校を迅速に見つけることが可能です。個人で勉強を行うことは非常に大変なものであり、自分に合わない学校を選んでしまうと思うように単位が取得できなくなってしまいます。
入学を考えている方はまず情報収集を行い、自分に適した通信制高校を見つけられるように対応しましょう。
また興学社高等学院のような通信制高校には、2種類のタイプが存在します。広域通信制高校は3つ以上の都道府県から生徒を募集しており、遠くに住んでいる方でも入学することができるのです。狭域通信制高校は範囲が狭く、公立の通信制高校は全てこの狭域通信制高校となっています。
なるべく楽に通学を行いたい場合は学校のタイプを確認しておき、自宅から近い場所の通信制高校を選んでおくのが最適です。自宅から離れた場所の通信制高校に入学してしまうと、通学が滞りがちになり在学期間が長くなってしまう可能性が高いです。
通学にかかる時間が気になる場合はオープンキャンパスに参加し、学校から自宅までの距離を確認しておきましょう。

複数校のパンフレットを取り寄せて比較してみる

通信制高校の情報を比較するには、まず気になる学校からパンフレットを取り寄せる必要があります。学校のパンフレットには学校の特徴や雰囲気、授業のカリキュラムなどが詳しく記載されています。ほとんどの学校はパンフレットを無料で配布しているので、パンフレットを集める時に資金を準備する必要はありません。
ネットから請求を行っておけば、いろいろな学校のパンフレットがスピーディーに手に入ります。通信制高校へ入学しようと考えている方はパンフレットを請求し、いろいろな学校の情報をチェックしておきましょう。
通信制高校の中にはネット上に学費を掲載していない学校が多く存在しており、費用を比較するのに苦労することが多いです。そのため通学費用を比較する際は、パンフレットの請求を必ず行っていておかなければなりません。取得できる資格の数やスクーリングの回数なども同時にチェックできるので、学校に関する情報をたくさん集めるのにパンフレットは最適です。
また通信制高校の中には進学コースを取り扱っている学校も存在しており、大学への進学を目指すことが可能です。そのため大学進学を考えている方は学校の実績を確認し、なるべく実績率の高い学校を選んでおく必要があります。サポート体制がしっかりしている学校を発見しておくと、入学後に不登校や引きこもりなどのトラブルが発生することはありません。
パンフレットが手元に届くまでには時間がかかるので、資料請求は早めに行っておくのが得策です。

比較するときに抑えておきたいポイント

通信制高校は全日制の学校に比べて学費が安く、資金に余裕のない方でも楽に通学することができます。しかし私立の通信制高校と、公立の通信制高校はそれぞれ費用が大きく異なるので注意しましょう。公立の通信制高校にかかる費用は3年間で10万円程ですが、私立の場合は40万から100万円程まで高くなることが多いです。通学費用の支払いなどは全て自己責任となるため、通信制高校へ入学する前に私立か公立かどうかをよく確認しておきましょう。
最近は集中スクーリングを導入している学校が登場しており、登校するのが難しい方でもしっかり単位を取得できるようになっています。登校の回数を変更できる学校も存在しているので、入学前に登校の回数や通学範囲もチェックしておきましょう。
興学社高等学院などの通信制高校にはさまざまな学科が用意されており、入学することで夢に必要な資格や技術をしっかり学べます。コースや学校によって習得できるスキルや資格は異なるので、事前に情報収集を行っておくことはとても重要です。
通信制高校は簡単に入学できて勉強内容も比較的簡単になっていますが、きちんと卒業するにはきちんと自宅学習を続けていかなければなりません。1人でずっと勉強を続けていくことは非常に困難なため、興学社高等学院のような通信制高校に入学する予定の方は学校のサポートを活用しましょう。
入学前に卒業生の進路割合や卒業率をチェックしておけば、安心して学校生活が楽しめます。

気になる学校がある場合は見学へ行こう

学校の雰囲気や設備を調べることができます

通信制高校の多くはオープンキャンパスや学校見学を実施しており、誰もが校内を見ることができます。校内を見学することで教室内の雰囲気を感じたり、校内で使うことのできる設備をチェックしたりすることができるのです。校内の雰囲気を前もって知っておけば、自分が通学しやすそうな雰囲気の学校を選べるようになります。
特に通信制高校で専門的なスキルを習得したい方は、必ず学校訪問やオープンキャンパスに参加しておかなければなりません。専門的な知識やスキルが学べる学校は全国各地に存在していますが、取得できるスキルや知識の量は学校によって異なります。情報をよく確認せずに入学を行ってしまうと、スムーズに勉強が進まなくなってしまう可能性が高いです。
学校見学やオープンキャンパスに参加する場合は設備や授業内容、講師の対応などをチェックすることで勉強しやすい学校を選ぶようにしましょう。
また学校の設備や雰囲気をチェックできるのは、学校見学やオープンキャンパスだけではありません。最近は学校説明会や個別相談会、合同学校説明会を開催している通信制高校も登場しています。気軽に参加できる文化祭や学園祭は、在校生から学校についての感想を聞くのに最適なイベントです。
学校のホームページでこういったイベントは告知されているので、参加を希望する場合はチェックしておきましょう。直接学校に問い合わせを行うことでも、イベント内容は調べられます。

参加するには予約が必要です

オープンキャンパスや学校見学などのイベントに参加する場合は、まず事前に予約をとっておかなければいけません。学校によっては希望者が多く、限られた人数しか参加できないようになっている可能性もあるので予約は早めに行っておくのが得策です。
予約をとるには学校に電話やメールで連絡をとり、イベントの予約を申し込んでおく必要があります。学校のホームページから申し込みを行うこともできるので、電話やメールで連絡を取るのが面倒な場合はホームページを利用するのがベストです。
申し込みを行う際はイベントを間違えないように、参加したいイベントの企画名や日時を正確に伝えておきましょう。万が一、約したイベントに参加できない場合は、電話連絡やメールで参加できないことを学校側に伝えておくのが適切です。連絡せずそのままにしておくと学校からの印象が悪くなり、入試が不利になってしまう危険性があります。
オープンキャンパスや学校見学は、私服と制服のどちらでも参加することが可能ですので、それぞれの参加しやすい格好でイベントを楽しみましょう。
またイベントについて何かわからない点や不安な点がある場合は、予約を申し込む際に聞いておくようにしてください。担当の講師がきちんと説明を行ってくれるので、初めての方でも安心してイベントに参加できます。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから