HOME » 通信制高校には全日制高校とは違った特徴が存在しています » 人気の通信制高校、興学社高等学院で高卒認定を受けるために

人気の通信制高校、興学社高等学院で高卒認定を受けるために

通信制高校の卒業条件は、全日制と異なります。その条件の違いや通信制高校で

通信制高校と全日制高校の卒業条件の違い

通信制高校と全日制高校とでは、卒業条件に大きな違いがあります。まず、通信制高校の卒業条件から見ていきましょう。

通信制高校の卒業条件

①科目単位74単位以上取得

通信制高校在籍中は、勉強やレポートの提出などを通して在籍期間中に科目単位を74単位以上取得する必要があります。単位取得までの流れは以下のような感じです。

ちなみに、編入や転校によって通信制高校を入学した場合は以前在籍していた学校で得た単位を取得単位としてそのまま引き継ぐことも可能。在籍期間中は、基本的にこの流れの繰り返しによって単位取得をしていきます。

②特別活動単位30単位以上取得

特別活動というのは、全日制でも見られる特別な行事のことを言います。

入学式や卒業式、体育祭や体験学習などがこれにあたります。ホームルームも特別活動の1つです。3年間の間で30単位以上取得しなければなりません。

③3年間の在籍

これは全日制にも言えることですが、卒業するためには3年間の在籍期間が必要となります。

科目単位や特別活動単位をどんなに取得していても、在籍年数が3年以上無ければ卒業することはできません。

ただ、編入もしくは転校する(した)場合は、取得単位が引き継げることになっています。

全日制高校の卒業条件

日本国内にある全日制の高校は、学年制という制度が取られています。これは「設けられた条件を満たして1年進学する」という内容となっており、条件を満たしていなければ進級することはできません。

ここで言う「条件」というのは各高校によって違いがありますが、主なものだと出席日数や学習内容の理解度などが基準となります。もし、進級できなかった場合は、もう1年同じ学年で過ごすことになっています。

また、大前提として

という2つの条件が設けられています。これは学校教育法で取り決められているもので、最低限の条件として定められているものです。

ただ全日制においては、卒業に向けて真面目に取り組んでいれば、卒業までに取得単位が100単位を超えていることはザラにあります。

高卒資格と高卒認定って何が違うの?

通信制高校に関する情報を調べているとき、よく「高卒資格」「高卒認定」という言葉が出てくるかと思います。この2つの言葉は名称こそ似ているものの全く別のものです。

まず高卒資格についてですが、これは全日制の高校、定時制高校、通信制高校のいずれかを卒業したときに得られる資格のことです。最終学歴は高卒です

高卒認定は、高卒認定試験(高等学校卒業程度認定試験)を合格した人に与えられる資格のことです。

あくまで「高校卒業者と同等もしくはそれ以上の学力があると認める」という内容の資格なので、高校を正式に卒業したという意味合いは込められていません。そのため、最終学歴は中卒となります

最終学歴が中卒だと大学や専門学校に入学できない、と思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。高卒認定を取得すれば、大学、専門学校、短大に受験することができます。

それだけでなく、以下のようなメリットも得られます。

ちなみに、高卒認定試験は平成16年まで「大検(大学入学資格検定)」という名称でした。

今ではその名称がほとんど使われていませんが、「高卒認定試験=大検」というのは覚えておくとよいでしょう。

通信制高校を卒業すれば高卒資格が得られること、高卒認定を取得していても大学への受験を含むさまざまなメリットが得られることを覚えておきましょう。

興学社高等学院の高校卒業資格取得率は”100%”!

千葉県にある興学社高等学院は全国にある通信制高校のうちの1校ですが、高校卒業資格取得率が平成28年時点で100%という数字を誇っています。

その理由はいろいろ考えられますが、やはり興学社高等学院が掲げる3大特色の1つである「SST」が大きく作用していると言えます。

興学社高等学院のSSTは、人と接することが苦手な人や自分の居場所が見出だせない人などに向けて作られたプログラムです。

いわゆる「社会性」を身に付けられるシステムとなっており、対人関係が上手でない人でも安心して学校生活を送ることができるのです。

興学社高等学院がこのSSTというトレーニングに大きく力を入れているのは、SSTそのものを国語や数学などと一緒に必修教科として取り入れていることからも分かります。

興学社高等学院には総合進学科、リベラルアーツ科そして大学受験を本気で目指す人向けに設けられた特進科の3つのクラスに分かれています。

特進科では高卒資格の取得や大学進学を目標とする生徒のために、興学社高等学院での授業に加え、東進衛星予備校での授業もスケジュールに組み込まれています。

前述しますが、興学社高等学院の高校卒業資格取得率は100%。高卒資格の取得や大学進学に向けて「本気で頑張りたい」人にオススメの学校です。

通信制高校を3年で卒業するためのコツ・ポイント

【レポートの重要性を把握する】

通信制高校を卒業するための条件の1つに、「74単位の取得」があります。単位を取得するためには、自習やスクーリングをその都度頑張らなければなりません。

また、最終的にはレポートと試験をクリアしなければ単位の取得は臨めません。特にレポートはかなり重要で、事実国内にある通信制高校のほとんどが、レポートの提出・内容を成績の判定要素の7割近くにあてています。

逆に言えば、レポートへの取り組みに重きを置いておけば、3年で卒業できる可能性が大きく上がるということです。

これらのことから、通信制高校を3年で卒業するためにはレポート課題を毎回しっかりクリアすべし、ということが言えます。

【自分に合った通信制高校を選ぶ】

高校受験や大学受験を迎えた学生は、進学する学校を選ぶとき

などの判断材料を見ていきます。

しかし、かつて不登校だった生徒やさまざまな理由で全日制の高校に行けない生徒などが多く集まる通信制高校においては、「自分に合った学校なのか」という部分を考えた学校選びをする必要があります。

通信制高校に通おうと考えている生徒によって、抱えている理想の学校像に違いがあり、また全日制の高校に比べ生徒と学校のマッチングが学校生活に大きな影響を与えるからです。

そのため、自分に合った学校を選ぶには、学校側の特色や生徒側への配慮・サポートなどを細かくチェックする必要があります。

その意味では、スクーリングは通信制高校選びにおける良い判断材料と言えます。

スクーリングは通信制高校の特徴の1つで、年に数回もしくは数十回登校することを言いますが、その回数は学校によって大きく変わります。

全日制の高校の週5日登校に比べ圧倒的に少ないので、自分で登校スケジュールを立てられる人は良いのですが、そうでない人にとっては登校スケジュールを立てたりそれを守ったりするのがうまくできず、学校生活や勉強が円滑に進まなくなる恐れがあるのです。

これらのことから、通信制高校の学校選びをするときは、自分が無理なく登校できる日程が組まれている学校を選ぶのが賢明と言えます。

スクーリング、つまり登校そのものが苦手だという人は、スクーリングの回数が少なく組まれているところかもしくはスクーリングが組まれていないところを選ぶとよいでしょう。

【サポート校を利用するのもアリ】

サポート校とは、通信制高校に通う生徒が3年~4年で無事卒業できるよう、単位取得のサポートや心のケアをしてくれる教育施設のことを言います。

サポート校の主な特徴は以下の通りです。

サポート校も通信制高校同様、各校に特色があるので、入学を検討している人はHPやパンフレットを通してチェックしてみると良いでしょう。

これがサポート校の主な特徴です。学費は各サポート校で異なりますが、安いところだと年間約300,000円で利用できます。

興学社高等学院なら無理なく3年で卒業できる!

通信制高校の1校である興学社高等学院は、高校卒業資格取得率が100%(平成28年度現在)を誇る、国内でも有名な学校です。

興学社高等学院では、生徒が学校生活を楽しく過ごせ、かつ3年で卒業できるようなさまざまな取り組みがなされています。授業に関する制度はその代表例と言えます。

興学社高等学院で受けられる授業は80種類以上ありますが、生徒がその中から好きな授業を受講できるようになっています。

国語や数学などの必修許可こそあるものの、ネイルアート、ヨガ、心理学、ゲーム作成など多種多彩の授業から自由に好きなものを選べるので、楽しく勉強に励めるのです。

必修教科の1つに組まれている「SST(ソーシャルスキルトレーニング)」は、コミュニケーション力を養ったり高めたりするための授業で、主に対人関係を円滑にするための知識や技術が得られるような内容となっています。

ここでSSTというものを初めて知った、という人もいるかもしれませんが、実はSSTは療育施設や病院などなど、現在さまざまなところに展開しているほど大きな注目を集めています。それくらい高い効果が期待できるトレーニング法なのです。

SSTを必修教科に取り入れている興学社高等学院は、発達障害がある人やコミュニケーションが苦手な人にとって、良い環境である学校と言えるのです。

このように、興学社高等学院には全日制及び他の通信制高校には無い特徴がいくつもあります。生徒に対する気遣いやサポートを徹底している興学社高等学院なら、自分のペースで、かつ学校生活を楽しみながら3年で卒業を迎えられるはずです。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから