HOME » 通信制高校には全日制高校とは違った特徴が存在しています » 通信制高校の様子を知る!オープンキャンパスは事前準備が重要

通信制高校の様子を知る!オープンキャンパスは事前準備が重要

オープンキャンパスってそもそも何なの?

通信制高校の雰囲気を掴むには、オープンキャンパスに一度参加してみるのがうってつけ。

しかし、「オープンキャンパスって、学校見学と同じ意味じゃないの?」と思っている人も少なくありません。

確かに、オープンキャンパスと学校見学は意味合い的にも似ている気がしますが、内容は若干違っています。

まずは、オープンキャンパスと学校見学の違いを正しく理解しましょう。

オープンキャンパス

元々は、大学が多くの学生を確保するために行ったのが始まり。文字通りの意味合いで、学校施設を一般的に公開することです。入学希望者や進路に悩んでいる学生と、その家族に学校のことを知ってもらうために、学校の先生、あるいは在校生が学校内を案内してくれます。

また、学校で行われている実際の授業風景を見学できるだけではなく、模擬授業も受けられます。他に、直接関係者から学校についての話を聞けるので、パンフレットやネットの情報では知り得ない生の情報が手に入ります。

学校見学

こちらも文字通りの意味合いのイベントで、施設内見学や学校に関する説明を通してありのままの姿を見せてくれます。

説明では、主に学校の教育方針や指導体制、授業カリキュラム、進路実績、学校生活の様子や今までの実績を学校の先生が分かりやすく伝えてくれます。質疑応答も、その場で受け付けているので、不明点があったらガンガン手を挙げてください。

校内の見学と言う点は共通していますが、オープンキャンパスは体験がメーン、学校見学は説明を聞くのがメーンとなります。

ネットの情報や資料請求で、数多くの通信制高校の情報をピックアップしても、在学期間中にどんなことが学べるのかイメージしにくいと感じてしまいますね。そんな時こそ、友達と一緒にオープンキャンパスに行ってみませんか?

参加したら何が分かるの?

興学社高等学院のような通信制高校は、全国的に数多く存在します。ネットの公式サイトや、パンフレットで簡単に情報を収集できますが、それらの情報がすべてとは限りません。

オープンキャンパスには、まだまだ知り得ない学校の情報がたくさん詰まっているので、参加する価値大ありです。

学校の雰囲気が分かる

自宅学習がメーンの通信制高校と言っても、年に数回のスクーリングが欠かせません。オープンキャンパスに参加すれば、雰囲気に馴染めるか、無理なく行くには利用すべき交通機関は何なのかを見極められます。

学校の設備や授業の様子が見られる

学校選びでは、ネットやパンフレットの情報以外に在学中の先輩から話を聞く人も中にはいます。

しかし、それらの情報を集約してイメージをふくらましても、実際の授業を受けて拍子抜けするケースもあります。

オープンキャンパスなら、聞いた話と実際に受けてみた授業とギャップを感じないか確認できるのは勿論、3年の在学期間中に、やりたいことが実現できるか確認できます。

学校に関する疑問や不安を解消

オープンキャンパスの参加対象は、学生だけでなく保護者も含まれます。見学や模擬授業の他に、入試説明会や保護者会も同時に開催されます。入試や単位・過去のこと・将来の進路・学費・生徒に適した学習プランに関することに至るまで、担当の先生にアドバイスを聞くことができます。

他校の友達ができる

模擬授業の時には、他校生と話す機会に恵まれます。無理にとは言いませんが、今から色んな人に話しかけておけば、入学後に友達が作りやすくなります。

オープンキャンパスは、学生が自分の進路を考える材料を追い求める場でもあり、保護者目線で気になることにも答えてくれる場でもあります。どの学校も、無料で開催しているので、気軽に参加できます。

ただ、一つだけ頭に入れておきたいのは、オープンキャンパスに参加したからと言って、入試や入学後の学校成績に反映されるわけではないことです。

あくまで、学生が将来どうなりたいのかを見つけるためのところなので、「将来の目標が見えてこない」「子供が何をしたいのか分からない」と不安を抱いているなら、親子で参加してみるのはいかがでしょうか。

参加する前にどういった事に気を付けるか

興学社高等学院などの通信制高校が行っているオープンキャンパスは、ただ見て回るだけに留めてはいけません。

生きた情報を漏れなく収集するためにも、事前に参加する際の注意点や準備すべきことをチェックしておきましょう。

チェックポイントを決めておく!

オープンキャンパスは、ただ学校施設を見に行くだけに留めるのはもったいないですよ。

見学や模擬授業の間か後で、先生や先輩への質問コーナーも設けられています。学校の担当者から直接回答が得られる機会は早々恵まれないので、思い浮かぶだけで良いので、聞きたいことを事前にメモしておきましょう。

自分優先で見る!人に左右されない

基本的に、オープンキャンパスは単独で参加するのが望ましいですが、中には友達に誘われたから参加した人も中にはいます。

付き合いで参加するのも決して悪くありませんが、集団での行動が基本となるので、自分が見たいことや知りたいことが二の次になりがち。

自分の将来に直結することなので、集団の枠に収まらず事前準備を整えてから望むべきです。

メモの準備!

オープンキャンパスでは、ネットの公式サイトやパンフレットでは書かれていない補足説明をする場でもあるので、メモの用意は必須です。施設内の移動が多いので、極力持ち歩きやすいサイズのメモ帳がおすすめ。

中には、学校の雰囲気を記録するためにカメラ撮影をしようとする人もいますが、学校によっては持ち込みが制限されているので注意してください。

目的は達成できたか

参加当日までに、確認したいことと同時に目的を設定するのも有効。

例えば、「イメージしていたこと、違っていた点についてしっかり情報収集ができたか」「この学科で勉強している自分の姿が浮かんできた」など、オープンキャンパスに参加しての着地点を決めておくと、より充実した時間を楽しめます。

とにかく楽しむ!

将来に関することだから堅苦しさを感じてしまいますが、参加する「楽しさ」を見つけるのもアリです。

おしゃれできれいな施設見学、内容的に楽しげな模擬授業に参加、先輩がなぜ入学を決めたのか話を聞くなど楽しみを見つければ、学校入学への意欲も掻き立てられやすいですよ。

事前に準備をしっかり整えておけば、オープンキャンパス当日は、知りたい情報を収集、学校関係者や同時期に参加した人との出会いを楽しむなど、有意義なひと時を過ごせます。

あとは、服装は当日のスケジュールをチェックし、TPOに沿ってチョイスしましょう。基本的には自由ですが、学校にも校風があるのでそれに準じた服装で参加すれば、周囲から浮かずに済みます。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから