HOME » 通信制高校には全日制高校とは違った特徴が存在しています » 通信制高校の特徴と学校生活に関するQ&A

通信制高校の特徴と学校生活に関するQ&A

通信制高校に関する情報

興学社高等学院に通うメリット

自分のペースで勉強できる

通信制高校に通学すると、それぞれの学習ペースに合わせて勉強を進めることが可能です。学校に提出するためのレポートを作成する必要はありますが、課題をきちんとクリアさえすれば残った時間は自由に活用することができます。日頃アルバイトで生計を立てている方や、スポーツや芸能活動に専念している方に最適な学校です。

通信制高校の方が普通高校より費用が安い

公立興学社高等学院のような通信制高校は通学費用が安く設定されているため、全日制高校のように入学する際多額の資金を用意する必要はありません、学費は10万円程であり、アルバイトをしながら通学することもできます。しかしそれぞれの学校によって学費は異なるため、通学する際は事前にチェックを行っておくのが適切です。

サポート体制が充実している

一般の全日制高校はカウンセラーが存在していないため、人間関係や学習環境が原因で登校しなくなってしまう生徒が多いです。通信制高校のほとんどには専属のカウンセラーや、インターネットを活用した学習システムなどのサービスが導入されています。
そのため一人一人の学生生活をサポートし、それぞれのやりやすいように通学生活を楽しむことが可能です。

周囲を気にせずに勉強が行える

全日制高校は通学するたびに教師や他の生徒と顔を合わせることになるため、人によっては疲れやストレスが溜まってしまうことがあります。通信制高校は月に数回スクリーニングを行うだけなので、教師や他の生徒を気にする必要はありません。

専門的な知識や技術を習得できる

通信制高校はいろいろな種類の科目を取り入れているため、それぞれの趣味に合わせて授業を選択することが可能です。漫画やファッションなどの全日制高校では学習できない科目も学べるので、将来専門職に就きたいと考えている方にピッタリの学校です。

留年が一切発生しない

全日制高校は一年ごとにクリアすべき条件が存在しており、条件がクリアできないと留年する羽目になってしまいます。通信制高校の多くは単位制を導入しているため、単位不足などが原因で留年になることはありません。

計画的に単位を取得することができれば誰でも卒業可能なため、怪我や病気で入院してしまった時も安心して療養に励むことができます。

服装や髪型を自由に選べる

一般の全日制高校は複層や髪型が指定されており、登校する際は学校の校則に沿って身なりを整えなければいけません。一方通信制高校には校則が存在しないため、髪型や服装を自分の好きなように変更することができます。全日制高校と同じように制服を着用することができるので、高校生らしいスタイルで授業を受けることも可能です。

他の学校に比べて入学しやすい

通信制高校は高校入試を行う際、筆記試験は実施されません。ほとんどの場合は面接と作文作りなどを行うだけで入学できるため、勉強が苦手な方でも楽に入学することが可能です。日頃アルバイトや資格勉強などで忙しい日々をおくっている方でも、安心して勉強できる学校といえます。

どの地域からも入学可能

通信制高校の中には全国各地で生徒募集を行っている学校が存在しており、どの地域に住んでいる方も気軽に入学することが可能です。わざわざ自宅から近い場所の学校を選ぶ必要がないので、交通手段がない方でも安心して通学することができます。最近は複数の地域にキャンパスを設置する学校も登場しているため、しっかりとした知識を学びたい方にも最適な学校といえます。

秋に入学することもできる

全日制高校は4月頃に入学式を行うのが一般的で、この時期以外の入学は原則できません。それに比べて通信制高校は春だけでなく秋にも学生を募集しており、それぞれの入学したい時期に合わせて入学することが出来ます。

また他の高校から転入や編入を行うことも可能で、いつ申し込んでも迅速に対応してもらえます。迅速に高校卒業資格を取得したい方や、早いうちから勉強を始めておきたい方に最適です。

興学社高等学院に通った時に感じるデメリット

自分に適した学習スタイルを考える必要がある

システム通りに勉強を進めるカリキュラムは、全国各地の全日制高校や定時制高校で一般的に実施されています。しかし通信制高校はこうしたカリキュラムを取り入れていないため、それぞれの生活スタイルなどに合わせて勉強のスケジュールを考えなければいけません。

自力で勉強を進めるのが苦手な方は、講師や塾のサポートを受けて順調に勉強を進めていけるように対応することが必要です。

人と接する機会が非常に少ない

通信制高校は学校に登校する日が週に3回程で、クラスも指定されていないため講師や他の生徒と話す機会はほとんどありません。そのため通常の学校に比べて、友達を作る機会が非常に少ないです。
最近は興学社高等学院のようにクラブ活動も行う学校が登場しており、徐々に状況は改善されてきています。

自主的な行動が必要

それぞれの生活に適したスタイルで通学できる通信制高校は、自力で学習時間を調節したりスケジュール管理を行ったりする必要があります。そのため人によってはスケジュール管理が思うように進まず、勉強が滞ってしまう可能性が高いです。
こういった問題が発生した場合は講師などに相談を行い、サポートを実施してもらうのが最適です。

大学受験に不利

通信制高校は一人で勉強を行うことが多いため、通常の学校よりも受験勉強に専念するのが難しいです。そのため通信制高校に通いながら受験勉強を行う際は、塾や予備校などを利用して勉強をサポートする必要があります。

卒業に3年以上かかることが多い

一般の高校とは違い単位制を取り入れている通信制高校は、きちんとレポートを提出して学校に出席すれば3年から4年程で卒業可能です。しかし自力で勉強を進める必要があるため、人によっては卒業まで3年以上かかることがあります。

単位を落とすことが多い

卒業に必要な条件が存在しない通信制高校は、きちんと単位を取得しておけば誰でも卒業することができます。しかし入学した後は勉強をさぼりがちになってしまい、単位を取得するペースが遅れてしまう可能性が高いです。
そのため入学した後は講師と相談を行い、順調なペースで単位を取得していく必要があります。

通信制高校での学生生活に関する質問

学習時間ってどれくらい?

興学社高等学院のような通信制高校に通学する生徒は、それぞれの生活に合わせて学習時間を設定しています。30分から1時間程勉強することもできれば、4時間から5時間程勉強を行うことも可能です。
そのため平日は仕事で忙しい方も、週末に8時間程勉強する時間を確保することができます。短時間の勉強でもしっかりと単位を取得することができるので、昼夜逆転の生活をおくっている方にも最適です。
ほとんどの通信制高校はレポートを提出し、単位を取得することで卒業を目指します。レポートはテキストを見ながら作成することができるので、勉強が苦手な方でもきちんと対応できるようになっています。一月に提出するレポートの数は多くて8通程であり、毎日1時間程勉強をすればクリアできます。

友達はできるのか?先生はどんな感じなのか

高校を中退した方や登校拒否をするようになった方の中には、講師の対応に不満を感じていた方が沢山存在します。通信制高校に在籍している講師は一人一人に最適な対応を行ってくれるため、講師に不満を感じることはほとんどありません。勉強を行う際にプレッシャーを感じることもないので、わからないことや悩みを気軽に講師へ相談することが可能です。
通信制高校は通学日数が少なくクラスも決まっていないことが多いので、友達を沢山作るのには適していないことが多いです。しかし全日制高校と同じように文化祭や遠足などのイベント行事が存在するため、イベントに参加したのがきっかけで友達を作ることができます。ネット授業を取り入れている学校は、ネット授業を進めながら他の生徒と交流を行うのに最適です。
講師の方は、他の生徒との橋渡しになってくれるので、人と話すのが苦手な方でも安心して友達が作れます。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから