勉強が苦手

勉強が苦手な人でも楽しく高卒資格を取得できる技能連携校、興学社高等学院の特徴や学習内容を紹介しています。

ムリなく楽しく学習できる習熟度別学習

授業風景

興学社高等学院では、「勉強が苦手」という生徒のために中学校の基礎からしっかりサポート。

英語・国語・数学などの授業は習熟度別になっているため、自分のレベルに応じたペースで楽しく勉強を進めることができます。各教科で学ぶ内容の一例は以下の通り。

どの教科も到達度に応じた課題で「できる・わかる」学習を心がけているため、「授業についていけるかどうか心配」という人でも安心。

定期テスト前には対策授業も行ってくれますし、万が一ミスをしてもその後のフォローも万全です。こうしたシステムでムリなく単位を修得できるため、卒業率も100%を誇っています。

さらに主要教科だけでなく、ネイル・イラスト・ゲーム制作などの自由選択授業が多いのも特徴。興味のあること・好きなことにも目を向けられるので、よい刺激を受けながら楽しく勉強を進めることができるでしょう。

個別学習で相談しやすい雰囲気が◎

勉強が苦手という生徒は先生に質問したりするのも苦手なケースが多いようですが、そのような生徒のために興学社高等学院では少人数制クラスを採用。

1クラス15人前後なのでキメ細やかな指導が受けられ、習熟度別なので周りにいる人はみんな同じレベルなので安心です。

普通の高校のようにみんなが同じ授業を受けるのではなく、それぞれのレベルの課題をクリアしていく個別授業。

個別学習ブースには先生が常駐していて、いつでも質問・相談を受け付けています。先生も1人1人の進度をしっかりと把握してくれてるので、分かるまでしっかりと指導してくれます!

定期テスト対策も万全

興学社高等学院には、「決められた日に必ず登校しないといけない」という規則はありません。いつでも自由に楽しく登校するだけできちんと単位を修得、高校卒業資格が取れるシステムとなっています。

通信制高校にはレポートというものがあり、これをクリアしないと単位を修得できません。そのため、年間4週間はレポート対策期間・テスト対策期間が設けられています。

先生は1人1人の実情に合わせてレポート指導を行ってくれるため、「レポート作成が不安」という人でも大丈夫。定期テスト前にはポイントを絞った解説を行い、大切なところは重点的に学ぶことができるといった単位修得に向けて万全の態勢を敷いています。

勉強が苦手でも安心!興学社高等学院の6つのサポート

1.勉強が苦手でも100%高校卒業資格を取得できる体制

興学社高等学院での高校卒業資格取得率は平成30年度現在で100%。それを実現できる仕組みは、そもそも興学社高等学院が技能連携校だからです。

実は、興学社高等学院そのものは、正確には通信制高校ではありません。興学社高等学院に入学した人は、広域通信制高校である星槎国際高等学校と、技能連携校である興学社高等学院の両方に在籍することになります。(星槎国際高等学校にはスクーリングにも通う必要はありません)

学校教育法第五五条には、技能連携校について

「当該施設における学習を当該高等学校における教科の一部の履修とみなすことができる。」[注1]

とされています。

通信制高校の卒業要件である必要単位の半分を、興学社高等学院(技能連携校)で学び取得した単位で加算することができるので、通信制高校だけに通うよりもずっと楽に単位の取得が可能です。

それに加えて興学社高等学院では豊富で手厚い学習サポートがあるため、通常の通信制高校卒業率どころか全日制高校と定時制高校よりも高い確率で高校卒業資格を取得できるのです。

[注1]電子政府の総合窓口e-Govより:学校教育法

2.「授業についていけない!」と悩むことがないサポート体制

必修基礎教科は、習熟度別に小中学校の基礎からでも勉強のサポートを受けられます。

この学院は自分のレベルに応じた進度で習熟度別の教科授業が受けられるので、授業についていけず、1人だけおきざりになってしまうことがありません。「昔からこの科目が苦手だった!」という人でも、小中学校の基礎かレベルから学び直すことが可能で、自分のペースで勉強を進めていけるのです。

また習熟度別に学んでいくことで、周囲には自然と習熟度の近い人が集まります。「できない!」というプレッシャーを感じにくいので、苦手意識を持つことなく勉強に励めるでしょう。

勉強はたった一つのつまずきから「つまらない」と感じてしまうこともあるので、「習熟度別」に学べる制度は勉強が好きではないという人でも学習意欲を失いにくい仕組みになっているのです。

3.自分で時間割を組めるシステムで好きなことを学び、学習意欲そのものを高める

興学社高等学院では必修基礎教科はあるものの、自分の受けたい授業を豊富な自由選択教科の中から選択できます。

検定取得のための授業や、ビジネスソフトの使い方、パソコンゲームを作る授業、音楽や絵、声優の勉強など、選択可能な授業は多岐に渡り、自分で時間割を作るシステムになっているのも特徴のひとつ。

進学のために自分のペースで勉強を進められるのはもちろん、普通の高校では学べない専門的な勉強で才能を伸ばし、将来に備えることも可能です。

興味のある授業を選べるので、「面白い!」と思える分野でさまざまな知識を身につけ、どんどん実力を伸ばしていけるのです。

4.転入学・編入学のサポートも手厚い!

入学した学校で勉強についていけないという人のために、転入学・編入学の受け入れを積極的に行っています。単位の引き継ぎについても相談に乗ってくれるので、一度勉強に挫折したとしても、興学社高等学院に移ることで、3年間で高校卒業資格を取得できる可能性があります。

興学社高等学院ではつまずいた科目を習熟度別に学べるため、「苦手だった勉強を楽しいと思えるようになった」という生徒も少なくありません。

5.勉強への自主性が薄くても、しっかり勉強を進められる

通信制高校でよく問題になるのは、勉強に対する自主性が芽生えにくく、自分ひとりでは勉強を進めるのが難しいケースが出てくることです。

勉強が苦手な子どもは自主学習が得意でない場合が多く、通常の通信制高校のようにレポートで授業を進めるのは簡単ではありません。

興学社高等学院では、教師がしっかり生徒と向き合って勉強の手助けをしてくれます。

その他にも単位取得に向け様々なフォローが入るので、しっかりと勉強を進めることができるのです。

6.個性や独自性を社会的なスキルに高めるリベラルアーツ科

大学で行われるリベラルアーツ教育とは異なりますが、興学社高等学院にはリベラルアーツ科があり、個人が持つ個性を引き出して、その個性を社会的なスキルとして育てていく、といったことを目的にしている学科です。

学びにくい、勉強が苦手という子どもは、強いこだわりを持っていたり、敏感な性質を持っていたりします。そんな子どもの特徴は個性であり大きな潜在能力である、という考え方から、それをどうやって社会の中で生かしていくかをトレーニングしていきます。

具体的には感覚統合を進めていき、応用行動分析から、自分が望む結果を引き寄せるための行動が社会的に望ましいとされる行動と重なるようにトレーニングを行います。結果、集中力がないとなかなか進まない勉強が捗るようになることも。

勉強が苦手でも安心して通えた!興学社高等学院の口コミを紹介

先生がしっかり、サポートしてくれた

生徒と一緒に先生がテスト対策を行ってくれるので、不安を感じることなくテスト勉強に向き合えました。

自由な雰囲気の学校ですが、生徒はみんな大学受験や授業に付いていくために勉強していました。自分も遅れている勉強を取り戻すことから始められました。先生が熱心にサポートしてくれるおかげで、今は順調に勉強が進んでいます。

無理なく自分のペースで学ぶことができた

この学校の長所は勉強が苦手な人でも、無理をせずに自分のペースで学習できるところです。今まで学校で勉強についていけなかったという人でも、自分なりのペースで勉強を進めていけるので焦らずに落ち着いた気持ちで学べると思います。

自分のペースで基礎から学べ、学校生活も楽しく、毎日無理なく通えました。先生方が優しく、のんびりとした性格の自分でもマイペースで勉強できたのが良かったです。

いくつか必ず受けなければいけない授業を除けば、勉強したくない学科も強制的に勉強させられることがなく、自由に好きな授業を選択できるのでありがたかったです。

学校が楽しい!

一人ひとりの個性を大事にしてくれる教育方針のため、無理のない学校生活を送れます。他では体験できない授業がたくさんあり、毎日楽しく学校に通えました。

全然勉強ができなくて不安いっぱいだった私ですが、先生方の熱心なサポートによってテストで高得点を出せるようになりました!

念願だったカナダへの短期留学が実現!

先生が親身になって生徒に向き合ってくれるので、この学院でカナダへの短期留学を実現できました。私個人の夢を一緒になって支えてくれる先生がいる、そんな学校はここだけだと思います。

注目

興学社高等学院ってホントはどうなの?

興学社高等学院に通う生徒とその保護者、先生からそれぞれの口コミ評判を集めました。
実際に学校に関わっている人達だからからこそ出てくる生の声を、ぜひチェックしてみてください。
興学社高等学院の公式サイトはこちらから